虹の女神

虹の女神
映像制作会社で働く岸田は、ある日、大学時代の友人、あおいがアメリカで飛行機事故に逢い、命を落とした事を知ります
あおいの告別式の日、彼女が監督して岸田が主演した大学の映研時代の映画、「THE END OF THE WORLD」の上映会が行われることになり…
と言うお話

儂も20年ほど前には、ハチミリで映画を撮影していましたから、撮影現場の風景やフィルムを切って繋げて行く作業が、見ていてとても懐かしかったです
しかも、この映画に出てきたハチミリの中では名機中の名機と呼ばれる「フジカZC1000」を使って撮影していたもんね

死んだあおいの部屋にはさりげなくビニールを被せられた写真の引伸機が置いてあり、写真好きから映画の世界に入ったのかと思わせます
儂の部屋も写真の引伸機があったもので…「うん、うん」と納得

ちなみに儂が初めて手にした八ミリは「フジカシングルエイトC−100」
「この右手の中に〜♪ シングルエイト〜♪ シングルハンド〜♪」というCMソングで谷隼人が出ていた奴です

実はこのカメラ、すぐ手元にあるのですが、映写機のランプが切れていてメーカーでも製造していないのでせっかく撮影しても見ることが出来ないのですわ

そう

ハチミリフィルムは、まだ製造しているのです

昨年、フジフィルムでは「ハチミリフィルム」の出荷停止を予定していたけれど、継続を望む声があって、それを延期したそうです
もっともっと、継続を望む声が無いと、いつ出荷停止になるか判りません

全国の映画ファン。今こそ立ち上がる時だ…

って、それより前に映写機を再販して欲しいわ
押入れに眠っているハチミリフィルム、ちゃんとした映画じゃなくとも、家族の思い出が詰まったフィルムが沢山ある人たちも多い筈です

業者に頼めばビデオやDVDに落としてくれるけど、高くて頼めません

とりあえず一回だけ映せれば、それを自分のビデオで録画出来るので、レントオール関係を探して見たけれど取り扱っている所は皆無でした

って、映画の話の戻ると、酒井若菜と鈴木亜美の風貌が似すぎていて、同一人物だと思って見ていたので、話のツジツマが合わなくなりました
途中でヘンだと思って、最初を見直して、ようやく別人だと判りましたが…(2007/05/01)


製作年度 : 2006
監督 : 熊澤尚人
脚本 : 桜井亜美、齊藤美如、網野酸(岩井俊二)
原作 : 桜井亜美
出演:

市原隼人 上野樹里 蒼井優 酒井若菜 鈴木亜美

posted by みどりぶた at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(3) | な行

涙そうそう

涙そうそう
那覇で将来自分のお店を持つことを夢みながら必死に働く新垣洋二郎
大学に合格して離島からやってきた妹のカオルと一緒に住むことになった所から話が始まります

兄(カオルは「にーにー」と呼んでいます)と一緒に住むことが嬉しくて、はしゃぎまわるカオルを長澤まさみさんが生き生きと演じています
薄着をして自分のまわりを歩くカオルの姿にドギマギするにーにー

映画は二人の生活を描いていることに専念して行きますが、途中で挿入される回想シーンで、二人が…なことが判ります
やがて、自分の気持ちに気づいたカオルはにーにーの家を出る決心をします

カオルがひとりで住む家を台風が襲い、泣きたいような状況になった時、突然現れたにーにー

それからラストまでの展開が上手いっ

全体的にスト−リー展開は良く、泣ける映画ではあるのですが…

2006年の夏、TBSは「涙そうそう」プロジェクトを発足させ、映画版の他にもテレビ版「涙そうそう」を二本作成しております
んで、
タダで見ることが出来るテレビ版と比較して、この映画が1.800円出して見る価値のある映画かと思うと、ちょっと困ってしまうのですわ
プロジェクト第一作目の「広島・昭和20年8月6日」を、VTR画面ではなくフィルムで見たかったような気がします(2007/04/18)


製作年度 : 2006
監督 : 土井裕泰
脚本 : 吉田紀子
撮影 : 浜田毅
出演:

妻夫木聡 長澤まさみ 麻生久美子 塚本高史 小泉今日子 中村達也

posted by みどりぶた at 00:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | な行

日本沈没

日本沈没
樋口真嗣監督作品なので、「ローレライ」のノリを期待したのですが、脚本が悪いので、あまり良い出来ではありませんでした。

特撮シーンも、地震発生で建物が崩壊するので、画面のタテ揺れが激しくて細部が判りません

群集の避難シーンと、沈没した日本を地図のように見せるシーンばかりが、しつこく登場してきて飽きてしまいます

監督としては、人間描写に力点を置きたかったようですが、肝心の主人公に感情移入するだけの魅力が無いので、最後のシーンが生きて来ません

カメラアングルが的確なのと、日本を救うのが「N2爆弾」だと言う楽屋オチ部分がせめてもの救いでしょうか?(2007/01/21)


製作年度 : 2006
監督 : 樋口真嗣
出演 :

草ナギ剛 及川光博 豊川悦司 大地真央 石坂浩二

タグ:柴咲コウ
posted by みどりぶた at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | な行

寝ずの番

臨終のときを迎えようとしている上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴(長門裕之)

 集まった弟子たちは、
「何かやり残したことは無いでっか。儂ら何でもやりまっせ」
と言います。長門さんはそこで、笹野高史さんに、
「おそそが見たい」
と告げます
「さすが師匠や、死に際のおそそが見たいとは」
と感心する弟子たち

 中井貴一さんが、奥さんである木村佳乃さんを拝み倒して連れてきて…。佳乃さんは、寝ている師匠の顔の上に立ち、スカートをめくります

 んで、ことが済んでその感想を聞く笹野さんに対し、師匠は、
「あほんだら、わいは、おそとが見たいと言ったんじゃ。このボケ」
と言い、その三分後に死にます

 と、ここまでが、約15分
 つかみはOK
 ですので、期待して見ていると、師匠の通夜のエピソードは早々に終わってしまい、一番弟子の笹野高史、師匠の奥さんの富司純子が次々に死んで、その通夜の話となります

 最初にたっぷり15分も時間をかけているので、師匠の通夜の席がだんだんとエスカレートして行って、ハチャハチャな展開となり、ドタバタになることを期待していたので残念でした
 少なくとも、初期筒井康隆作品のファンをしては、そういう展開を期待するぞ(2006/10/22)


製作年度 : 2006
監督 : マキノ雅彦 脚本 : 大森寿美男
撮影 : 北信康
出演 :

中井貴一 木村佳乃 堺正章 笹野高史 岸部一徳 長門裕之 富司純子 木下ほうか 田中章 土屋久美子

タグ:岸部一徳
posted by みどりぶた at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | な行
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。