L change the WorLd

L change the WorLd

デスノート前後作が邦画にしては「頭の良い」脚本だったので、そのスピンオフである本作もかなり期待していたのですが…
全体的に締まりがなくて、ダラダラとした作品に仕上がっています
いらないシーンを切って1時間30分の作品に仕上げたら、テンポが良くなりそう…

工藤夕貴さんが、網膜チェックをして細菌研究所に入り、感染を防ぐ防護服に着替えるシーンまでを延々と撮っているので、次への伏線なのかと思っていると、テロリストが研究所に潜入するのには守衛を一人殺しただけで済ませてしまうと言うような、シナリオの曖昧さが許せません

「アンフェア」の細菌研究所のセキュリティもお粗末だったけれど、この辺の進入シーンで、「ほう」と驚かせる仕掛けが無いと「阿呆か」と思ってしまいます
脚本家に、その手口を考えるだけの能力が無いのですよね

せっかくの福田麻由子さんにしろ、アイドルオタク系の金子監督なら、もっと魅力を引き出したろうに、中田秀夫監督ではむずかしかったようです

松山ケンイチさん一人の演技力に助けられた作品ですね
(2007/02/23)



製作年度:2008
監督:中田秀夫
脚本:小林弘利
出演:


松山ケンイチ/工藤夕貴/福田麻由子/南原清隆/平泉成/福田響志/正名僕蔵/金井勇太/佐藤めぐみ/石橋蓮司/藤村俊二/鶴見辰吾/高嶋政伸

posted by みどりぶた at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行

アンフェア the movie

アンフェア the movie

テンポが速いので誤魔化されるが、スカスカの脚本で、ご都合主義的展開が多いので、それに気づいた時点で見る気力を無くしてしまう。
テレビ版はもっと中身が濃かったのに、テレビ版より劣る脚本で映画作らないで欲しいわ。
それでも見ていたのは篠原涼子の魅力だったのに、せっかく水で濡れてブラが透けても次のシーンでは乾いているし…。
篠原さん。バラエティで阿呆キャラやっていた時代もあるのになぁ…。

(2007/10/20)



製作年度:2007
監督:小林義則
脚本:佐藤嗣麻子
出演:


篠原涼子、椎名桔平、成宮寛貴、阿部サダヲ、濱田マリ、向井地美音、加藤雅也、大杉漣、寺島進、江口洋介

posted by みどりぶた at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ行

大奥

大奥
映画を観る前に仕入れていた断片的な情報から、

大奥の総取締に就任した仲間由紀恵さん(絵島)が、大奥内部の女同士の権力争いに巻き込まれ、敵勢力は歌舞伎役者の生島新五郎を使い、色仕掛けで迫られた仲間さんが「恋狂い」して、江戸の町に火を放つ…

という展開を予想し、何かドロドロとした嫌な話だなぁ。二時間付き合うのは苦痛だなぁ。と思っていたら、予想は裏切られ、さわやかなラブ・ストーリーとなっておりました

仲間さんと歌舞伎役者との恋に嫉妬した杉田かおるさん
バラエティ番組に出演している時の杉田さんのキャラ設定の延長から見て「ああいう行動」に出てもおかしくないと納得させるような脚本は上手いわ

仲間さんも、歌舞伎役者が自分に近づいて来たのは「罠」だと知っていて、自分の意思でその罠にはまって行きます

ことほと左様に、物語の要所要所でかかわる主人公の女性たちは、常に自分の意思で判断して決断し行動しているので、観ていて気持ちよいです(2007/06/18)


製作年度 : 2006
監督 : 林徹
脚本 : 浅野妙子
出演:


仲間由紀恵(絵島) 西島秀俊(生島新五郎) 井川遥(月光院) 及川光博(間部詮房) 杉田かおる(宮路) 松下由樹(蓮浄院) 浅野ゆう子(滝川) 高島礼子(天英院)


posted by みどりぶた at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ行

アイデン&ティティ

アイデン&ティティ

中村獅童さん演じるジョニーがボーカルをやっている四人組のロックバンド「SPEED WAY」

そのバンドのギタリストである中島(峯田和伸)は、一発ヒットを出した後、良い曲が書けないでいる
事務所からは、「主義主張を盛り込むより、もっと売れる歌を書け」と言われ続けるのだが、商業主義に妥協したくないロック魂もあるようだ
そんな時、中島の前に「ボブ・ディラン」が現れる…

80年代終盤のバンドブーム時代を背景に、ロックに生きた青年像を描いている作品
…なのだけど、映画「バックダンサーズ」で、土方の親分をしながらもロックしているつのだ☆ひろさんとと売れない中年ロッカーの陣内孝則さんの姿を先に見てしまうと、この映画のロッカー達の姿、
「何やってるねん。こいつら」
としか思えなかったりしてしまう

TBSのドラマ「特急田中三号」で、塚本高史さん(木更津キャッツアイのアニ)の恋人役を演じている、平岩紙さん(木更津キャッツアイのミー子)が出演しているというので、借りて見たDVDだったけど、平岩紙さん、数秒しか出てない
とほほ

クドカンさんが脚本書いて、田口トモロヲさんが監督ならば、もっと面白いかと思っていたのに、正攻法で青春を描こうとした分が空回りしている感じの作品でした(2007/05/29)


製作年度 : 2003
監督 : 田口トモロヲ
脚本 : 宮藤官九郎
原作 : みうらじゅん
出演:

峯田和伸 麻生久美子 中村獅童 大森南朋 マギー コタニキンヤ 岸部四郎

posted by みどりぶた at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | あ行

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

 硫黄島って、東京都の小笠原村に属していて、米軍施設と海上自衛隊の基地があって島自体が「軍事基地施設」扱いなので一般人は上陸出来ないそうな

 この映画では特別に東京都から許可が出て、史上初の硫黄島ロケが1日だけの約束で敢行されたそうな

 これだけ有名な島なのに観光地になっていないとは驚きでした

 映画は、「父親たちの星条旗」と表裏一体化して作成された作品で、最初のアメリカ軍の硫黄島上陸部分は同じ戦闘シーンをアメリカ軍と日本軍の視点から捉えているので、二つの作品を見比べると面白いです
 が、硫黄島からの手紙では、島に星条旗を掲げるシーンがありません
 だから、このイラストは「ウソ」です。済まん

 良く言われていることですが、アメリカ映画で、全編を日本語で通したと言うのは快挙ですわ
 「SAYURI」にしろ、初めは日本語で話していても、途中から平気で英語に切り替わるというのが鬼畜米軍の常套手段でしたから、さすがクリント・イーストウッドさんです(市長をやっていたカーメルに、わざわざ行って見たモンね)

 小林信彦さんや筒井康隆さんが小説で描いてた、ドタバタの最高峰である「バンザイ突撃」も一応描いているのがうれしい

 ほぼ全員が玉砕するというラストは判っているのだから、そこまでどう持っていくかがポイントなのですが、巧くまとまっていましたわ(2007/05/11)


製作年度 : 2006
監督 : クリント・イーストウッド
脚本 : 山下アイリス
出演:

渡辺謙(栗林忠道陸軍中将) 二宮和也(西郷昇陸軍一等兵) 伊原剛志(バロン西 西竹一陸軍中佐) 加瀬亮(清水洋一陸軍上等兵) 中村獅童(伊藤海軍大尉

posted by みどりぶた at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(4) | あ行

タイヨウのうた

タイヨウのうた
日常生活で、ちょっとした断片が皆同じ方向を向いていて、これは何かの因縁かなと思うことがあります

この映画に主演したYUIさんですが…
・「がんば会(がんばっていきまっしょい友の会?)」の中で、「CAN'T BUY MY LOVE」が話題となっていました
・たまたまスカパーで音楽チャンネルを見たら、YUIさんの特集をしていました
・「タイヨウのうた」のビデオクリップの中で、このイラストのように顔を「ぷにゅー」とさせたYUIさんが映りました
んん。か、かわいい…
と言う事で、即効、DVDをレンタル
・さっそく観ようとしていた直前、前の会社で一緒だった女の子のブログを発見
をれを読んでいたら、その子も「タイヨウのうた」のYUIさんが好きだと書いていました
…髪が長くて、YUIさん似なので、彼女とYUIさんをダブらせながらDVDを観てしまいました
・今はYUIさんのCDを聞きながら、これを書いています

「タイヨウのうた」のテレビ版は、山田孝之さんのキャラ設定が嫌で初回しか見ていないけれど、映画版は良かったです

太陽光線に当たるとヤバイことになる色素性乾皮症のことを「XP」と言うのですね
これを知っていてWindowsに「XP」という名をつけたとしたら、それだけでMicrosoft、嫌だわ

難病物につきものの結末も、お涙頂戴的に描いていないことにも共感を覚えました


タイヨウのうた
YUIさんのビデオクリップを見ていたら、
「I remember you」を歌っている場所、雨音薫が住んでいた家の屋上から撮影していて、「七里ケ浜」のバス停が映画版と違っていました
Google Earthで七里ケ浜付近を探してみた写真です

「鳶がクルリと」に出ていた通山愛里が久しぶりに映画出演しているのもお楽しみでした(2007/04/11)

★YUIさんのこと
いつもギターを抱えていて、ギターが恋人と言った写真が多い…というのは、我々の年代だと「山崎ハコ」さんを思い出してしまいます
YUIさんが小さな体でせい一杯の声をはりあげて歌う姿もハコさんのようです


製作年度 : 2006
監督 : 小泉徳宏
原作/脚本 : 坂東賢治
撮影 : 中山光一
出演:

YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 通山愛里 田中聡元 小柳友 ふせえり 小林隆 マギー(ジョビジョバ) 山崎一 麻木久仁子

posted by みどりぶた at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | あ行

青空のゆくえ

img61.gif
CXで火曜9時から放送されていた「ダンドリ」。

チアダンス同好会を作る女子高校生のお話なのですが、それに出演していた主役級の、三人…、
 ちょっと不良っぽい西原亜希さん
 カラテ部の悠城早矢さん
 優等生の森田彩華さん
が出ているという事から、一部のネットで話題になった映画です
それに、「ケータイ刑事 銭形泪」の黒川芽以さんと、「ヒノキオ」では途中まで性別が判らなかった多部未華子さんが共演しているのだから、儂にとっては豪華キャストです

舞台は東京・三軒茶屋にある西原中学
1学期も残り少なくなったある日
ホームルームでバスケットボール部のキャプテンである高橋正樹(中山卓也)が、
「今学期限りでアメリカへ転校することになった」
と、発表します
 それだけなら良かったのですが、
「日本でやり残していることは…ひとつだけかな?」
と喋ったことから、物語が始まります
 そして、次第に、
 女子バスケ部キャプテンの速見有美(森田彩華)
 学級委員長の高橋亜里沙(黒川芽以)
 正樹とは幼馴染みの河原春奈(多部未華子)
 帰国子女で無口な市田尚子(西原亜希)
 何かと正樹が面倒を見ていた鈴木貴子(悠城早矢)
の五人がキャプテンを好きらしいことが判って来ます

「日本でやり残していること」
が、自分への愛の告白では無いか? と思う彼女ら

 同じクラスにいても互い口を訊いたことすら無かったのに、正樹を中心にして関係を持ち始めます

 この映画、夏を舞台にしていて「青空のゆくえ」という題名なのに、抜けるような青さの空、の描写がほとんどありません
 早朝とか、夕暮れ、夜のシーンばかり多くて、
「何だかなぁ」
「夏を表現するには、大島渚の夏の妹のように、灼熱の太陽に照らされて出来た影を撮らないと駄目だよなぁ」
とか思って観ていたら…
 これ、かなり意図的に狙っていた演出だったことがラストで判ります(2006/09/03)


製作年度 : 2005 監督 : 長澤雅彦
脚本 : 山村裕二 日向朝子 山本裕二
撮影 : 服部徹夫
出演 :

速見有美:森田彩華/高橋正樹:中山卓也/高橋亜里沙:黒川芽以/杉原雄大:佐々木和徳/河原春奈:多部未華子/山下勝也:三船力也/鈴木貴子:悠城早矢/矢島信二:橋爪遼/市田尚子:西原亜希

posted by みどりぶた at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行

男たちの大和

img57.gif
2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。

60年前に沈没した戦艦大和の沈没現場へ船を出して欲しいと一人の女性が尋ねる。
管理事務所で断られてた彼女は、漁師の直接頼んで歩く…。
って、事前にアポとらんかい…。

ここで、一挙に興ざめしていると、たまたま知り合った老漁師が船を出してくれろ。
その老漁師は、彼女のお父さんと同じ大和に乗っており、お父さんの直接の部下だった…と、絶対ありえない設定で話が進む。

大和のシーンにしろ、その巨大感が出ていないし、実物大のセットを組んでしまった為、撮影ポジションが限定されたのか、同じようなシーンの連続である。
最後の戦闘シーンなど、フィルムの使いまわしみたいに思える。

新兵と飯炊きやっている反町隆史と、病院を抜け出して無断で乗り込んだ片目の中村獅童
が絶叫しても、「男たち」の友情が感じられない。

過去の東宝戦争映画のほうがずっと「志」が高いわ。(2006/08/05)

製作年度 : 2005
監督 : 佐藤純彌 脚本 : 佐藤純彌
出演 :

反町隆史 中村獅童 鈴木京香 仲代達矢 長嶋一茂 渡哲也 奥田瑛二 寺島しのぶ 蒼井優 松山ケンイチ 渡辺大

posted by みどりぶた at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行

あずみ2

あずみ
公開当時に見ていた作品でしたが、スカパーで放送されたので、また見てしまいました

前作で倒せなかった真田昌幸を倒すまでの話なのですが、ラストの剣劇が中途半端で終わるのでカタルシスがありません
時代劇はもっと「ケレン」が欲しいですわ

作品的には前作よりまとまっているのですが、北村龍平監督作品にあった「はったり」的な映像が無いので、見終わったあとで頭に残るキメのショットが無いのね

金八先生を見ていなかったので、前作で初めて上戸彩を知って、凄い役者だと思っていたけど、その後のテレビ進出が凄くて、すっかりメジャーな役者さんになりました

毒を塗った「線」に触れて瀕死状態のあずみが、寝ていただけで直るのはどうかなぁ
前作ではちょっとだけ毒に触れた金子貴俊さんが、苦しんで死んでいっているので、花沢類いやさ小栗旬さんが毒を吸い出すとか、もうひとつヒネリが欲しかった所です



(2007/03/18)


製作年度 : 2005
監督 : 金子修介 脚本 : 水島力也 川尻善昭
撮影 : 阪本善尚 原作: 小山ゆう
出演 :
上戸彩 石垣佑磨 栗山千明 小栗旬 遠藤憲一 永澤俊矢 神山繁 北村一輝 高島礼子 平幹二朗
posted by みどりぶた at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行

ALWAYS 三丁目の夕日

img48.gif 「映画秘法」ネタですが、秋田県出身の加藤夏希(ロボコンのロビーナちゃん)さん。
 つい最近まで、地元の友人たちと、
「東京タワーはいつ完成するのだろう」
と話していたそうな…。
 彼女たち、東京タワーの鉄骨の外側にコンクリートを塗って完成するものだと思っていたらしいです。
 まさか、この映画を見て「もう完成していたんだ」と気づいた訳では無いでしょうが、東京タワーの完成までを効果的に使っている作品です。
 原作は西岸良平さんが、ビッグコミックオリジナルに1974年から連載している「夕焼けの詩」という漫画。1990年にはテレビアニメとしても放送されております。
 映画を見てから第一巻を読み直したら、第一巻は「プロフェッシヨナル伝」というタイトルで、まだ、夕日町三丁目は出てきませんでした。
 第二巻は行方不明なのですが、三巻には六さんが集団就職で鈴木オートに来るエピソ−ドが載っています。
 映画は、原作の茶川竜之介と鈴木オートでのエピソードを数作をつなげて、ひとつの物語にしています。
 冒頭、タイトルが出るまでの、子供たちが飛ばした飛行機を追うワンカット・ワンシーン。CGの技術が無ければ作成不能な画面です。
 が…。
 相米映画のワンカット・ワンシーンのような緊張感はありません。
 ミニチュアを使って撮影した円谷特撮映画と、CGを多様してあり得ない映像を見せる現在の映画と、どちらが好きか? で、好みが分かれるかも知れません。
 儂、仕事でパソコンのプログラムなど作っていますが、映画はやはりアナログが良いわぁ。
 青森から集団就職で鈴木オートに来ることになったロクさんが乗っている蒸気機関車。
 東京に入る直前に鉄橋を渡るシーンがあります。
 子供の頃、数回しか東京に行ったことが無いけれど、「あの鉄橋を渡ると東京だ」と言う印象が深かったので、「良く判っているなァ」と感心しました。
 でも、あの蒸気機関車。メイキングで、監督が「マニアほど、どう撮影したのか知りたがる筈だ」と言っておりましたが、横に白線が入っている蒸気機関車は、廃止になると言うので撮影する人が増え、お化粧として入れたものだったような…。せっかく上盛岡駅までカメラかついで行ったら、白線が入った蒸気機関車が来て、がっかりした記憶がありますが…。
 そのあと、鈴木オートの社長とロクさんが東京駅から、三丁目に行くシーン。映画的には正解だろうけど、ロクさんが自動車から見た目線の東京タワーと、自動車が走っている方向が違っているので、一瞬、「あれれ」と思ってしまいます。
 淳之介が想像した「21世紀の未来」の情景。
 儂も確かに子供の頃、同じ絵柄を描いたことがあるので、きっと、テレビか何かで情報をインプットされたのだろうと思いますが何の番組だったのだろう? (「宇宙家族」「宇宙少年ソラン」…。定かな記憶が無いわ)
 ことほと左様に、見た後で、自分の子供時代を思い出すきっかけになる素材が詰め込まれていますので、儂らの年代にはお勧めです。
 して、これを観たら、次は「バッチギ」で盛り上がりましょう。
 オックスの「ダンシング・セブンティーン」から始まると言う、しかも、当時の映像では無く、オックスの扮した役者さんが歌っているという恐ろしくブッ飛んだ映画ですわ。(2006/06/11)


製作年度 : 2005
監督 : 山崎貴 脚本 : 山崎貴 古沢良太
撮影 : 柴崎幸三 原作 : 西岸良平
出演 :

吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子 須賀健太 小清水一揮 マギー 温水洋一 神戸浩 飯田基祐 小木茂光 益岡徹 小日向文世

タグ:堀北真希
posted by みどりぶた at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。