腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

佐藤江梨子(和合澄伽)
女優になろうとして上京したけれど、演技力ゼロなので仕事が無い
でもそれは「自分のことを正しく評価してくれる人がいないせいだ」と思い込んでいる

佐津川愛美(和合清深)
澄伽の妹
澄伽がお金欲しさに体を売ったり、上京することに反対した父親を刺そうとしたりしたことを漫画にして描いたら、それが選ばれて雑誌に掲載されてしまう
以後、澄伽から陰湿ないじめをされることとなる


永瀬正敏(和合宍道)
澄伽とは異母兄弟の兄
澄伽と肉体関係を持ち、「私以外は女の人を抱いては駄目」と脅されている

永作博美(和合待子)
宍道の妻
結婚相談所の紹介で嫁いできたが、未だ処女
生まれは新宿のコインロッカー

まず、この設定だけで笑えます
もとは舞台だったらしいのですが、演じる役者さんの味が加わってウェルメイドな出来となっています
原作を書いている本谷有希子さん、
庵野秀明の「彼氏彼女の事情」で沢田亜弥役の声優として出ていた人なそうな…

佐津川愛美さんが目当てだったのですが、「待子の呪い人形の歌」を歌う時の永作が最高
「楽天」でサウンドトラックノ曲を1曲ずつダウンロード出来るので、「待子の呪い人形の歌」を買おうとしたら無かった…残念
(2007/02/27)



製作年度:2007
監督:吉田大八
脚本:吉田大八
原作:本谷有希子
出演:


佐藤江梨子:和合澄伽
佐津川愛美:和合清深
永瀬正敏:和合宍道
永作博美:和合待子


posted by みどりぶた at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87905111

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。