クローズZERO

クローズZERO

監督が三池崇史なので、また大風呂敷を広げるだけ広げて、突然、訳のわからない終わり方をするのだろうと思って見ていたら、起承転結がしっかりしていたので吃驚。
でも、後ろの席で見ていた男性二人組は、
「ラストが中途半端だな」
と漏らしていました。
これで中途半端というなら、あの作品、この作品はもっと訳がわからないぞ。
三池崇史の映画を見たことが無いのだろうなぁ。
オマエら幸せだわ…。

内容は、「ビー・バップ・ハイスクール」の現代版で、可も無く不可もない出来栄えの作品です。
(2007/12/01)



製作年度:2007
監督:三池崇史
脚本:武藤将吾
原作:高橋ヒロシ

出演:


滝谷源治:小栗旬
片桐拳:やべきょうすけ
逢沢ルカ:黒木メイサ
辰川時生:桐谷健太
牧瀬隆史:高橋努
田村忠太:鈴之助
戸梶勇次:遠藤要
筒本将治:上地雄輔
滝谷英雄:岸谷五朗
伊崎瞬:高岡蒼甫
芹沢多摩雄:山田孝之


posted by みどりぶた at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73496448

この記事へのトラックバック

ビーバップハイスクール 映画
Excerpt: ビーバップハイスクール(BE-BOP-HIGHSCHOOL)は、きうちかずひろ原作の日本の漫画。1983年から週刊ヤングマガジンで連載されていた。未完の作品で、当初は無期限休載中となっていたが、後に、..
Weblog: ビーバップハイスクール
Tracked: 2008-01-14 14:43
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。