ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎

 井上真央扮する三浦実花
弟の健太を助ける為にセーラー服のままで池に入ります
そして次のシーン
ちゃんと靴下を脱いで、素足のままで靴をはいて歩いている…

うーん。割りとこのようなデティールがおろそかになっている映画が多いので、ちょっと嬉しい

まあ、
「嘘をついて人を騙してナンボ」の商売である妖怪を相手に、妖怪裁判を開き、
「嘘の証言はしないように…」
と宣誓させたり、その場所で虚偽の証言をしたねずみ男に対し、事件解決後、何のお咎めも無いようなむちゃくちゃもありますが、デティールさえしっかりしていれば許されてしまいます
って本当か…

健太の設定がクソガキで、
「何でこんなガキの為に鬼太郎は命を張らなければならないのだ」
と思ってしまいますが、その部分は、田中麗奈さんの猫娘の衣装に免じて許しましょう

現代社会と妖怪の世界を、実写版で混在させること自体、無理があるのに、何とか大人の鑑賞にも耐えられるだけの作品には仕上がっております
(2007/11/05)



製作年度:2007
監督:本木克英
脚本:羽原大介
出演:


鬼太郎:ウエンツ瑛士
三浦実花:井上真央
猫娘:田中麗奈
ねずみ男:大泉洋
子泣き爺:間寛平
砂かけ婆:室井滋

posted by みどりぶた at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69705419

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。