天使のパズル

天使のパズル

監督三池崇史印の作品だから、諦めて見てしまいますが、普通の映画だと思って見ると、
「突っ込み所満載」
の映画ですわ。

・主人公を双子にした設定の意味が判らない。

・国家規模の巨大プロジェクトを発案した17歳の少女。天才物理学者の筈なのに、彼女が通う大学のゼミの講師が、なぜ自分のゼミへの出席に固執するのか? それ以前に、何故、ひきこもりの彼女が大学へ行っているのかが判らない。

・映画の半分位を使って、「宇宙の誕生過程」を延々と説明しているのだが、これで映画が成立しているのだろうか?

等々

市原隼人か谷村美月のファンで無ければ見てもつまらないだろうなぁ…
(2007/07/01)



製作年度:2008
監督:三池崇史
脚本:NAKA雅MURA
原作:機本伸司
出演:


綿貫基一・喜一:市原隼人
ホミズサラカ:谷村美月


posted by みどりぶた at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101967751

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。